奈良の水漏れ・つまり・水道に関するトラブルや悩みは水まわりの救急24が24時間受付でお客様をサポート!

まずは状況をお知らせください

0120-995-483

通話料無料 | 24時間365日受付

100万件以上の修理実績 お客様満足度99.9% 24時間365日受付
安心の明朗会計 無料保証制度 クーリングオフ制度あり

奈良の水回りトラブル 修理事例集 奈良の水回りトラブル 修理事例集

お役立ちの記事一覧

浄化槽の家の修理の方法は?そもそも浄化槽とは?

トイレや排水口が急に詰まってしまった時、浄化槽のお家は特に注意が必要です。料金はいくらか?支払いの責任者は誰になるか? もしかしたら大家さんの支払いになるかも・・・? 今回の記事では、浄化槽のお家でのつまりの修理方法の紹介と、修理を依頼した場合の料金相場を紹介します。   そもそも浄化槽とは 一般的に浄化槽とは、「小型の下水処理装置」のことを指します。下水=生活排水を処理する方法は人口密度や規模によって下水道や浄化槽などがあり、家庭の状況により整備されています。 浄化槽が設けられている場所は主に下水道が通っていない地域か何らかの理由で下水道設備を使用していない一般家庭がほとんどです。そのため浄化槽のある一戸建ての物件は下水管が届いていない地域に見られます。   浄化槽の基本的な役割は家庭内で出た生活排水(水洗トイレからの汚水や台所の排水など)を、水中の微生物の浄化作用を利用してきれいにしてから川に流します。 浄化槽の仕組み 台所やトイレなど生活の中で出る汚水がまず、浄化槽に入ります。浄化槽内にはたくさんの種類の微生物が含まれていて、汚水(生活排水)に含まれている有機物を食べて分解することで川に流すことのできる水に変えるものです。 浄化槽には水を綺麗にする目的の微生物が繁殖しやすく、また水に働きかけがしやすくなるように設計されています。 浄化槽の中で微生物が分解消化した有機物は汚泥となって浄化槽内で沈殿します。また分解され綺麗になった水は浄化槽にある消毒層で消毒されてから放流されます。 また、浄化槽は大きく分けて2つに分類されます。それが合併処理浄化槽と単独処理浄化槽です。   合併処理浄化槽 トイレや台所やお風呂などを使った時に生じる生活排水全般をきれいな水にできる設備が合併浄化槽です。 合併処理浄化槽の性能はBOD※除去率が90%以上、処理が終わった後の放流する水のBOD値が1L当たり20mg(日平均値)以下と、下水道処理場と同等の機能が合併処理浄化槽にはあります。 後述する単独処理浄化槽はある理由により現存の一般家庭にある浄化槽は合併処理浄化槽がほとんどです。 ※BOD 生物化学的酵素要求量の略称。水の汚れを示す指標であり、数値が高ければ高いほど水の汚染度を示します。 単独処理浄化槽 一方で単独処理浄化槽はトイレからでる汚水(し尿)だけを分解する設備です。BODの除去率は65%以上、分解した後の水のBOD値は1Lあたり90㎎以下です。 単独処理浄化槽には生活排水を浄化する能力は無く、生活排水は川に垂れ流しになってしまいます。また、浄化能力も合併処理浄化槽に劣る為、水質環境に非常に悪い影響を与えてしまいます。   このようなことから浄化槽法の改正に伴い現在、単独処理浄化槽は製造及び販売と新設が禁止されています。 浄化槽の汲み取りは必要? 浄化槽の汲み取りは必要かどうかで悩まれるお客様は少なくありません。汲み取りや清掃作業には専門の業者に依頼をするとどうしても費用が発生してしまう為、面倒に感じてしまうものです。浄化槽を放置したままで大丈夫か、もし放置をしていたらどうなってしまうかを解説していきます。   汲み取りをしないと逆流や異臭が発生する 結論から言うと浄化槽の汲み取りや清掃作業は必ず必要です。 浄化槽には、台所やトイレといった生活排水がそのまま流れてきます。微生物で分解をすることのできない固形物は浄化槽内に沈殿していくことがほとんどです。浄化槽を清掃せずにそのまま放置をしていると臭いはもちろんのこと最悪の場合、浄化槽にものが詰まって家中の排水口から逆流してきてしまう場合もあります。 また、浄化槽は微生物の働きを使って浄化をする為異物が入ることにより浄化槽自体の浄化能力そのものが低下してしまうこともあります。 浄化槽の能力が低下したままで放置すれば汚水がそのまま川に流れ込み、環境破壊の一因になりえます。 微生物を使用することで環境にやさしくクリーンにする為の浄化槽が、逆の効果を生み出してしまいます。 それを防ぐためにも浄化槽は定期的に汚泥やスカムを定期的に槽の外への引き抜き作業が必須になってきます。   浄化槽の汲み取りルール 浄化槽の汲み取り、清掃が必要な事は前述しましたが実際にどれくらいの頻度での清掃が必要なのでしょうか。 汲み取りについては浄化槽法という法律があり、そちらに定められたルールに従い清掃と点検をおこなう必要があります。 浄化槽の維持管理は大きく分けて3パターン存在しています。 1つが法定点検、2つ目が保守点検、3つ目が清掃です。 それぞれパターンを分けて必要な頻度を解説していきます。   法定点検 1つ目の法定点検ですが大きく分けて2種類あります。1種類目が浄化槽を設置、工事が適正におこなわれ正常に働いているかどうかを確認する7条検査と呼ばれるものです。 こちらは使用開始をした日を起算日として3か月を経過して以降5か月間の間に1度必要です。1度検査をおこなえばそれ以降新たに浄化槽の移設などをしなければ追加で検査をする必要はありません。 その後は2種類目の11条検査をおこなう必要があります。 こちらは設置後に保守点検、清掃が適正におこなわれ浄化槽の浄化機能が充分に発揮されているかどうかの検査をします。こちらは1年に1回行う必要があります。   保守点検 2つ目の保守点検ですが概ね4カ月に1回以上の点検が必要です。後述する浄化槽の管理者の維持管理要領書によって定めが変わる為、厳格な取り決めは無いようです。   清掃 3つ目の清掃は1年に1回以上行っていれば問題は無いようです。ただし使用頻度や台所で生ごみをそのまま流してしまったりしている場合には定期的に清掃を行う事が好ましいです。   またこれら3つの清掃と点検は浄化槽が設置されている市町村によって保守の点検業者、法廷検査機関、指定の清掃業者は異なります。 詳しくはお住いの地域の都道府県協会のHPを調べるのが最も安全です。   浄化槽の管理者は? ここまで浄化槽の点検回数や必要な点検項目を説明してきましたが、それでは実際に浄化槽の管理責任者は誰にあたるのでしょうか。この点について詳しく説明をしていきます。   浄化槽の管理について 浄化槽の管理者とは浄化槽法第7条で定義されています。浄化槽法第7条には「浄化槽の所有者、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権原を有するもの(以下「浄化槽管理者」という。)」と記載をされており、例えば1戸建ての持ち家の住宅にお住まいで浄化槽を設置している場合は住んでいる家主様が浄化槽管理者となります。 もし、賃貸に住んでいる場合はその大家が浄化槽管理者になります。実際には大家様が専門の管理会社様に依頼をして業者が管理しているケースが多いようです。 通常通り使用をしていて尚且つ浄化槽法に定められた通りに使用をせずに故障をしてしまった場合は前述の方が修理の費用を負担する形になるようです。 また、それぞれの検査の時期に自動的に業者が来て点検してくれる事はなく、浄化槽管理者が指定業者に依頼をすることで実施されるものです。 もし依頼を忘れてしまった場合は勧告を受けたり、罰則を受けたりする場合もあるので特に注意をしておきましょう。   賃貸契約書の内容の内容が重要 浄化槽は微生物の働きを利用することで汚水を洗浄する装置であることから微生物が活動しやすい環境を維持し続けることがとても大切です。 そこで重要になってくるのが保守点検と清掃です。その2つの管理は浄化槽管理者に義務付けられていますが、賃貸物件の場合は複雑なケースが多いです。 浄化槽は電気やガス水道等のライフラインや給湯器などの生活をする上で無くてはならない基本設備と考えられる為、貸主の大家様が費用を負担するケースが全国的には多いようです。 ただし、賃貸契約書の書類の中に「浄化槽の維持・管理については借主負担」と明記されていた場合は大家様ではなく実際に住んでいる人に費用負担が発生します。ただしあくまで費用の負担が借主にあるだけで実際に業者を呼ぶ責任があるのは大家様の場合がほとんどです。実際にトラブルや費用が発生する前に事前に大家様と確認をしっかりとしておくことが重要です。 借主の故意や過失によって費用が発生する場合は? 借主の故意や過失によって故障やトラブルが起きてしまい費用が発生してしまった場合は借主が責任をもって対応する必要があります。 例えばトイレに水に溶かすことが出来ない紙を流してしまったり、掃除用のスポンジを落としてしまって浄化槽が正常に動かない状況に陥ってしまった場合は借主負担になるケースがほとんどです。 また、浄化槽につながる途中の配管に異物をつまらせてしまった場合も借主の負担になるケースが多いです。 のちのちのトラブルにならないように賃貸の一戸建ての浄化槽が設置されている物件では浄化槽に関する契約内容、責任の所在を事前にしっかりと確認をしておきましょう。   浄化槽の点検と汲み取りを行うべき時期と費用   定期清掃と汲み取りの時期 定期清掃は1年に1回以上必ず実施しなければなりません。全ばっ気型の浄化槽の場合は半年に1回以上になっていたり、更にスパンが短い浄化槽を使用をしていたりする場合は注意をしましょう。 点検と清掃は法令で定められたものである為、守らないと最悪の場合、刑罰で罰せられる事になってしまう事もあります。 清掃自体も自ら行えばいいのではなく必ず、それぞれの市町村で認可を受けた浄化槽清掃業者が行う必要があります。 自分が浄化槽管理責任者の立場にある場合は定期検査の前に事前にそういった作業をしてもらえる業者様を探しておきましょう。   また浄化槽管理社は清掃と法定点検の記録を3年間保存しなければいけない決まりがあることにも注意が必要です。 環境省によって定められたルールなのでこちらもしっかりと把握をしておきましょう。   定期清掃と汲み取りの費用   浄化槽の清掃を業者に依頼した時、浄化槽自体の型式やタイプによっても異なりますが50,000円以下で済むケースがほとんどのようです。 しかし住居が広く、浄化槽がとても大型の場合はそれに比例して清掃にかかる費用も上がっていくため注意が必要です。 目安としては大体5人世帯までの浄化槽であれば相場内で収まると思って大丈夫でしょう。 ただし、何か異物を浄化槽に流してしまってしまったり、油汚れなどをそのまま排水口に流してしまったりしていて、浄化槽内に汚物が大量に沈殿してしまっていた場合は追加で費用がかかってしまいます。 作業を依頼する専門業者にも追加費用がどれくらいかかりそうかなど事前に聞いておくことをおすすめします。 また、浄化槽の清掃の際も家の中で起こってしまっている詰まり浄化槽自体の故障が原因でなかった場合はさらに注意が必要です。 浄化槽の専門業者がそのまま水まわりの修理もできる業者であった場合は作業してもらえますが、もしそうでなかった場合新たに別の業者を呼ぶ必要が出てきます。 事前に浄化槽の詰まりなのか。何か異物を流した覚えが無いか確認をしておくことはとても重要です。   法廷検査の内容 浄化槽の法定点検では保守点検と水質検査を行います。 保守点検と水質検査にかかる費用相場は下記の通りです。 保守点検:5,000円 水質検査:13,000円 浄化槽法第11条、第7条に沿って費用が決められています。 自治体の登録を受けている業者が上記の法定費用に沿って点検や検査を行います。   点検は年に3回以上行い、清掃は年に1回以上実施する必要があります。 清掃の費用は業者によってさまざまですが、前述の通り年に4万円~5万円程度かかるケースが一般的です。   家庭用の浄化槽では年に3回~4回の保守点検を行う事が多いです。水質検査は年に1回が原則なので合わせると年間で3万円~3.5万円くらいの費用がかかる計算です。 清掃費用を合わせると大体10万円かかるかくらいの金額が年間のランニングコストとして考えておくと安心でしょう。   この法定点検や清掃を行う際に浄化槽以外の水まわりのトラブルが見つかってしまう事があります。 浄化槽の点検の業者は多くの場合が専門業者の為、そういった排管のトラブルは対応出来ない場合が多いのでまた別の業者に依頼をする必要があります。 浄化槽の点検の金額は浄化槽法によって定められた金額の為、ぼったくり等はありませんが水まわりのトラブルの方はトラブルの程度によって金額が変ってしまうので業者選びには特に注意が必要です。 修理が終わった後に説明の無い料金を請求されたり、まともに技術の無い業者が来たり修理業者を選ぶ際には特に注意しましょう。   悪徳会計に注意 トイレの詰まり等の水まわりの修理の広告はインターネットで検索をすると多く目にすると思います。 マグネットやちらし等も含めると更に多くの会社があるはずです。 その中には昨今、悪徳会計をする業者も増えて来ています。   悪徳な会計をする業者はリピーター(口コミ経由でのお客様)の方からの仕事を得ることは非常に困難です。 飛び込みや訪問販売や広告によって利用するお客様を見つけることがほとんどです。 その為、広告は非常に安い金額や他社よりも魅力的な内容でオトクに見えるような広告を出しています。 しかし、実際に修理を頼むとまともな修理をせず高額な請求をするのです。   悪徳業者を知人からの情報やインターネットの口コミで判断することは非常に困難です。 そういった業者を避ける為にはどんな点に気を付けて依頼をすればいいのでしょうか。   事前に見積もりがされるか 業者によっては見積もりをせずにいきなり作業をして高額な請求をしてくるようなところも多くあります。 しっかりと技術力がある業者であれば、修理作業を開始する前のタイミングで予定している作業の内容や故障の原因まで分かりやすく説明をしてくれます。   そういった説明が無い場合は注意をしましょう。必ず事前にどんな作業にどの費用がかかるのか説明を求めるようにしましょう。 見積もりが無い業者だと、作業を終えたあとに高額な請求をされてトラブルの基になる可能性があります。 また、出されたお見積り自体もHPに掲載されている料金表に記載があるかもしっかりと確認をしましょう。 優良な業者であれば必ずどの項目にどの金額がかかるか決められています。作業する内容によってはHPに記載が無い(特殊工具や寒冷地での工事など)場合もありますがその際も業者にしっかりと確認をする様にしましょう。 キャンセルの規定や出張費用が明記されているか 水まわり関係の修理だとどうしても来てもらう予定の日に急用ができたり、自分や知人で故障関係を解決できたりと訪問をする前に業者を断らないといけない時もあると思います。 そういった時に注意したいのがキャンセル規定です。 優良な業者であれば訪問後に見積もりを作成した後にキャンセルすることになっても対応してくれる場合がほとんどです。   業者によって様々ですが状況によってはキャンセル料が発生することがHP上の規定に記載されていることもあります。 例えば、30分以上の点検を要する場合はキャンセル料が発生する場合や業者が訪問しただけでキャンセル料が発生するなど悪質な業者じゃなくても発生する場合があります。   業者に予約をするというのは、業者からすると予約の時間帯は他の仕事を入れることができない状態です。それなのに直前にキャンセルをされると業者からすると売上を上げることができない無駄な時間を過ごすことになってしまいます。 その為、修理料金ほどではないにしろ人件費分の一定の金額を支払うのは仕方が無い場合もあります。 この点を勘違いしてキャンセル料=悪徳業者と思っている方もいます。   では悪徳業者と優良業者はどういった点が違うのでしょうか? 1つがキャンセルしたいと言っても認められないケース。もう1つはキャンセルはできるもののその際の規定が複雑で最終的にとても高額な金額になっているケースです。 キャンセルの為に〇十万円も請求されるような業者はほぼ間違いなく悪徳業者と言っても過言では無いでしょう。   業者によっては蛇口を取り外したまま何十万円も請求され払わないと直さないと言われてしまうケースもあるようです。 高額な請求をされないようにキャンセル規定はしっかりと確認をする様にしましょう。   不要な修理を無理矢理勧められないか 水まわりの修理では時には本体丸ごとを交換しなくてはいけないケースも存在します。 しかしほとんどの場合は補修部品の交換や軽作業にて修理が完了します。 本体が10年以上経過していてメーカーの製造が終了している場合などは交換しなくてはいけませんが、軽度の故障にもかかわらず交換が必要と言われる場合は悪徳業者か疑いましょう。   メーカーの耐用年数や部品状況によっては交換が必要な場合もあります。 ただ、訪問してからほとんど何もしていないうちから交換をしなければならないと言い出すような所は最初から交換を目的としている可能性が高いです。 電話での見積もり段階や訪問した段階で大してべもせず交換をすべきと勧める業者は悪徳業者かもしれません。   水まわりの修理の修理での本体の交換は最終手段といえます。 普通の業者であればまずは修理を第一に考えます。 最初から交換を考えている業者は悪徳業者ではないかと疑いましょう。 水まわりの修理には救急24がおすすめ   ①相談・点検・出張費無料 奈良の救急24は実際にご依頼いただいた時点では一切費用はかかりません。 訪問し故障個所の特定、原因説明を行いお見積りに納得いただき施工を完了するまでは費用は発生しません。   ②24時間365日 無料電話受付 奈良の救急24への通話料金は一切かかりません。 深夜やお盆等の長期休暇でも電話受付を24時間行っております。 また、お客様のお住いの地域で最も近くで待機をしているスタッフを派遣しますのでお急ぎの場合や不明点がありましたら気軽にご相談ください。   ③高い技術力を持つスタッフが多数在籍 奈良の救急24のスタッフは全ての社員が厳しい研修を受けたスタッフです。 修理対応の技術はもちろん接客対応も最高のスタッフを派遣いたします。   ④明朗会計 お客様にお支払いただく費用は全国統一の料金表に定められた金額のみ。いただく費用は部品代と作業費のみでそれ以外の費用はいただきません。 また、お客様に事前に説明した金額以上の内容を請求することもございません。 (※取り外した蛇口や古い部材の処分費等が発生する場合もございます。)   ⑤多数の実績 奈良の救急24は年間10万件以上の対応実績と94%の顧客満足度があります。 ここまでの実績を積み上げることが出来たのはお客様との信頼があってのもの。 高い技術力と安心のサービスが提供できる奈良の救急24におまかせください。  

全ての記事一覧に戻る

WEBキャンペーン実施中!

ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと、ご請求金額より2,000円(税込)OFF!ご注文の際に「ホームページを見た」とお伝えいただくと、ご請求金額より2,000円(税込)OFF!

水漏れ・つまり・修理のトラブルは水まわりの救急24にお任せください お電話一本ですぐに駆けつけます水漏れ・つまり・修理のトラブルは水まわりの救急24にお任せください お電話一本ですぐに駆けつけます

まずは状況をお知らせください!
電話一本で水道修理のプロが駆けつけます!

通話料無料 0120-995-483 年中無休365日24時間受付通話料無料 0120-995-483 年中無休365日24時間受付

奈良のお客様からの口コミ・評判

思い切って相談してよかったです!!

洗面所の蛇口が緩いのか、ポタポタ水が垂れてくるのが気になり、とりあえず無料で相談できる修理会社はないかとインターネットで検索していたところ、相談、現場点検無料の奈良の水まわりの救急24さんのHPを見つけました。無料といってもあとから高い金額を言われたら不安だなぁと思っていたのですが、電話からすぐに自宅まで来て下さり、一緒に水漏れ箇所を確認した後にどういった作業が必要で費用はこのくらいかかりますととても分かりやすく丁寧に説明して下さりました。思っていたよりも安い費用で修理して頂けそうだったすぐに直して頂くことにしました。作業もとても素早く、あっという間に元通りになり、最初に提示された金額以上の料金を請求されることももちろんありませんでした。思い切って相談してよかったです!!
これからも何か不具合を感じたときにはすぐに奈良の水まわりの救急24さんに相談させて頂きます!

さすが地元に密着している水道屋だと思いました

最近台所の排水の調子が悪いなぁ・・・と思ってはいたのですがそれほど不便ではなかったので放っておいたらシンク下の床がびしょびしょに濡れていました。自分で確認してみたものの、どこから水漏れしているかもわからず即日訪問修理ができる奈良の水まわりの救急24さんにお電話しました。
電話から30分ほどでしょうか。ほんとにすぐに来てくださいました。水漏れの原因を素早く特定し、作業内容と費用をわかりやすく丁寧に説明して下さりました。わたしは詳しくはわからないので、感じの良いスタッフの方を信じて全てお願いすることにしました。作業自体もあっという間に終わり、料金も追加で請求されることもありませんでした。排水の調子が悪いなぁ・・と少し前から気付いていたという話をしたところ、これからは何か不便を感じたら無料で点検もできるので連絡下さい!すぐに駆け付けます!といって下さり、さすが地元に密着している水道屋だと思いました。とても安心感があり奈良の水まわりの救急24さんにお願いして本当に良かったです。これからはお言葉に甘えて気付いた時点で奈良の水まわりの救急24さんに相談させて頂きます!

はじめて奈良の水まわりの救急24さんにお願いしました

土曜日の深夜、急にトイレの水が流れなくなり、無理に流そうとレバーをひねると便器内に水が溢れてきてしまいました。土曜日だし深夜だし・・・どこも対応してくれないだろうと困っていたのですが、ダメもとで検索すると24時間年中無休対応しているなら水まわりの救急24さんを発見。電話したのは深夜1時ころだったと思います。すぐにオペレーターの方が出て下さり、内容を伝えると応急処置の方法を教えて下さりました。トイレが使えないと困ってしまうので朝1番早い時間に訪問予約を取りました。翌日、時間通りにスタッフの方が来て下さり、素早く点検をして下さり、納得の上依頼した後作業して頂きました。作業中も、トイレが使えないと不便ですよね、なるべく急いで終わらせます!とこちらのことまで気遣って下さりとても親切で感じが良かったです。作業自体も1時間ほどで終わり、すっかり元通りになったトイレを見て感動しました。朝早いにもかかわらず嫌な顔せず一生懸命作業して下さったスタッフの方に感謝いたします。これからは水回りのトラブルがあった時には必ず奈良の水まわりの救急24さんにお願いしようと思います!

口コミ・評判の一覧をみる

ご相談から修理完了までの流れ

STEP1からSTEP4まではすべて無料で対応させていただきます
  • 1

    まずはお電話

    1 まずはお電話

    無料のフリーダイヤルにお電話ください。携帯電話・スマートフォンからでもご利用いただけます。
    0120-995-483

  • 2

    オペレータが受付

    2 オペレータが受付

    ご相談したい場所、内容をお伝えください。状況、症状に合わせて想定される作業内容をご案内いたします。
    作業を要望される場合、サービススタッフに訪問指示を出します。

  • 3

    スタッフがお伺い

    3 スタッフがお伺い

    現地にお伺いし、状況を把握後、実施する作業内容をご説明させていただきます。
    ※提携しているパートナー企業がお伺いいたします。

  • 4

    お見積り

    4 お見積り

    作業内容、料金をご確認いただき、ご承諾後に作業を開始いたします。
    事前にオペレータよりご案内した内容と変更があった場合、修理内容の詳細と費用を別途ご案内します。
    内容にご納得いただけましたら、お客様より改めてご依頼をいただき作業を開始いたします。

  • 5

    作業開始

    5 作業開始

    熟練のスタッフが、お客様のお困りの箇所を改善いたします。
    作業完了後、お客様にご確認いただきます。

  • 6

    作業完了

    6 作業完了

    作業完了後、作業内容についてご報告させていただきます。
    内容をご確認後、お支払いとなります。

よくあるご質問

依頼をしたいのですがどうしたら良いでしょうか?

           

奈良の水まわりの救急24では365日休まず営業しております。
お電話での対応は24時間可能。お気軽にお電話下さい。相談・点検無料でございます。

           

奈良の水まわりの救急24は何時から営業していますか?

メールとお電話での問い合わせやご相談は、24時間対応しております。急なトラブルでもご安心下さい。また、施工・修理可能な時間はAM8:00~PM10:00までとなっております。作業が出来ないPM10:00~AM8:00までに発生したトラブルに関しては、お電話頂いた際コールセンタースタッフが応急処置方法をお伝え致します。
※東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県に限り、深夜営業を行っております。(PM21:00~AM7:00)出張料金以外に追加料金は発生しませんのでご安心下さい。

奈良県のどこまでが対応エリアなのか知りたい

           

奈良の水まわりの救急24は、奈良県の広域に渡って稼働しております。
お客様のご自宅に近い店舗をご利用いただけると思います。

入電からどのくらい来るのに時間かかりますか?

お客様からのお電話を頂いてご自宅の場所を把握した後、GPS検索で一番近くにいるスタッフに連絡を取ります。
最短でお客様のご自宅まで30分ほどで駆け付けますので、急な水回りのトラブルでも慌てずお待ちください。

施工時間はどのくらいですか?事前にわかりますか?

修理やリフォームの際、作業前に所要時間の目安をお伝え致します。
通常よくある作業ですと修理に30分~120分頂いております。
また、リフォームに関しては作業内容により異なりますが、大体半日から一日程を目安にして頂ければと思います。

相談や点検をしてもらった時、料金は発生するのでしょうか??

           

奈良の水まわりの救急24に限らず、全国の水まわりの救急24は相談・点検を無料でさせて頂いております。ご安心下さい。
なお1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に限り、深夜の時間帯での訪問も可能です。追加料金は発生しません。
深夜時間帯 PM21:00~AM7:00

お支払い方法について教えて下さい。

           

奈良の水まわりの救急24では、現金やカードの対応だけではございません。施工後日に銀行振り込みも可能です。お客様のご都合に合わせて対応致します。
カードの種類:JCB・VISA・MasterCard・NICOS・アメリカンエクスプレス・ダイナースクラブカード 

急な水漏れやつまりのトラブルの時は、スタッフさんが来るまでどうしたら?

急な水漏れ・つまりのトラブルでもご安心ください。
専門のコールスタッフが到着までお客様ご自身で可能な応急処置法をお教え致します。

奈良県内の店舗や法人でも対応してくれますか?

           

奈良の水まわりの救急24、個人のお宅だけではなく飲食店などの店舗やオフィスなどにも対応しております。
是非ご利用下さい。

個人情報の取り扱いはどうされてますか?

           

奈良の水まわりの救急24では、お客様の個人情報をしっかりと管理しております。
詳しい事は下記プライバシーポリシーに記載しておりますので、ご覧下さい。